会長あいさつ

久保哲哉(医療法人社団富田クリニック 第二富田クリニック)

 日頃より滋賀県臨床工学技士会の活動にご理解とご支援を賜り厚く御礼申し上げます。また当会のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

2020年4月現在、新型コロナウイルス(COVID-19)による感染症が猛威を振るっています。当初の想定よりも感染力が強く、高齢者の方については重症化しやすく、また院内感染も多発しており、それによって医療スタッフが不足すると今後医療崩壊の危機を招くかもしれません。われわれは今まで経験したことがない未曽有の危機の中にいます。今この危機を乗り越えるために各医療機関、各医療職、行政間で協調し、人的支援等の体制を構築することが必要です。日本臨床工学技士会ではCOVID-19に対する臨床工学技士の支援人員を募集しております。ぜひ皆様のご協力をいただきたいと思います。

 

滋賀県臨床工学会としましては今後も医療崩壊を防ぐべく、各医療機関、行政などと連携を図りながら新型コロナウイルスの終息に向けて協力してまいりたいと思います。

 

皆様のご協力、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

令和2年5月吉日

一般社団法人滋賀県臨床工学技士会 会長

久保哲哉(第二富田クリニック)