会長あいさつ

久保哲哉(医療法人社団富田クリニック 第二富田クリニック)

 日頃より滋賀県臨床工学技士会の活動にご理解とご支援を賜り厚く御礼申し上げます。また当会のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

当会は、滋賀県における臨床工学技士の学術技能の研鑽及び資質の向上と、地域の福祉、医療の普及発展に寄与することを目的として平成5年に設立され、平成21年4月より一般社団法人として活動してまいりました。

 

臨床工学技士は医療機器、医療技術の発展に伴い、エンジニアリングの側面から医療を支える職業として1987年に誕生し、様々な医療環境の変化に応じて今日まで発展してきました。日々進化する医療機器を安全かつ適切に使用するために私たちに課せられた役割は大きく、また医師の働き方改革に伴うタスク・シフティング(業務の移管)、タスク・シェアリング(業務の共同化)が今後進むことにより、臨床工学技士の業務もさらに拡大していくものと思われます。

 

今後も、医療技術職の職能団体として各種研修等を通じて技能の研鑽を進め、また各医療機関、行政などとも連携を図りながら滋賀県内の医療の安全性に寄与するべく活動してまいりたいと思います。

 

皆様のご協力、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

令和4年5月吉日

一般社団法人滋賀県臨床工学技士会 会長

久保哲哉(第二富田クリニック)